「悲喜こもごも 」カテゴリ記事一覧


小樽でリハビリ?

以前の記事で、かみさんの症状が多少回復した(支えがなくても少しは歩ける)、 と
書きましたが、元の状態に戻ったわけでは無く、全体としてはますます弱々しくなって来ました。
(*2年前に比べて体重が20kg近く減少しました)
一番気になる原因不明の運動機能障害があるので、歩かないと足の筋力が落ちて、
ますます歩けなくなるのでは? と 歩く機会をふやすようにしています。

と、いう訳で、今日は以前よく行ってた小樽ウィングベイ(ショッピングモール)へ。

ここへ行く目的は、お昼のご飯(寿司屋)と広い館内をブラブラ歩く事(ウォーキング)。
寿司屋は回転寿司屋にしては、札幌圏内ではまぁまぁで比較的安くて、美味しい!

お昼ご飯を食べて、館内をブラブラと歩きますが、普通の人の2倍かかります。
筋力アップの為、歩くのですが10~15分ほど歩くと、膝に負担が掛かるみたいで
”脚が、痛い!” と かみさんが立ち止まります。

少しづつ前に進むほか、有りません。

ふるさとの悲劇?

今年、3月16日に北海道新幹線(青森ー函館間)が開通する。
20160208.png
昔、神奈川県に住んでいた頃、(実家 青森に)帰省しようと思ったら、夜行列車で
上野駅から丸夜中近く掛かった。

今この新幹線時代を思うと、昔マンガをみていた頃の、・・夢の様な話である。

とても、便利になった。
でも、便利さ故に切り捨てられる事も、数多くある事を忘れてはならないだろう。
新幹線の駅のある地域はいいが、それ以外(主要都市から離れた地域)は
ますます過疎化が進んでいくように思えてならない。
過疎化が進むということは、そこに根付いた日本の文化(景観・祭り、有形/無形文化財)が
少なからず消えて行くということにもなる。
それが、悲しい!

今年、3度めの手術 & F

昨日、かみさんが先週 左目に続いて右目の白内障の手術を受けました。

まぁ、左目の手術は現状では違和感もなく成功したもようです、

右目も同じ状況になればと思っていますが、・・

その病名とは別ですが、昨夜、手術した眼を指して、

「上半分が、・・やはり 見えない!] (緑内障の影響か?)

白内障だけじゃ、ないものですから、・・!


続きを読む

2015左目手術

以前、事前報告をしてますが、
かみさんの、今年第2の手術(白内障左目)を今日、しました。
入院じゃなく、外来手術って事ですが、
朝9:00から検査やら、・・等などあって、11:00頃から手術で
30分ほどで手術は終わり、その後 術後の点滴・確認等で2時間掛かり
13:30頃に全終了し、その後真っ直ぐ帰宅しました。
ですから、病院にいた時間が、だいたい・・4時間半くらいでしょうか?
続きを読む

里に雪が・・

昨夜、風が相当強く、ベランダからガチガチと雹の落ちる音も聞こえたので、
窓の外を覗いてみた。
やはり、雹が降っていたのは勿論ですが、
周辺近くの薄暗い駐車場においてあるそれぞれの車の屋根に
白いものが薄っすらと、・・・雪がありました。
今朝、昨夜の雪は消えていましたが、・・
手稲山(札幌を代表する山)が相当荒れているようで、雪?に覆われた山頂周辺が
全く見えません。(スノーハザード?)


先日の晴れた金曜日にタイヤ交換をして良かった!

季節は、・・ 初冬となりました。

かみさんの状態も、少し回復したかに見えましたが、
季節に例えると、・・・初冬かな!?

ラブ ラブ・・?

先日、購読の新聞に
「妻と手をつないで散歩をしていた。
近所の人に「ラブラブですねー」と言われて、妻は照れていた。
私は「転倒防止のためです」とは言えなかった。」

との記事が載っていた。

まさしく、買い物などで敷地の広い大手スーパーへ行った際、私とかみさんの歩く姿そのままです。
(多分、同じように見られているんだろうな、・・・)
そして 私は、心のなかで 「かみさんの転倒防止で手をつないでます」と、叫んでます。
*記事公開してますが、かみさんは難病(運動機能低下)で、まだ支えないと歩けない状況です。

義父のもとへ

昨夜、函館から帰宅しました。

1週間ほど前に、函館の義兄からの電話、・・・それを聞いて、かみさんが
『母さんの死に目に会えなかった』と ボロボロ泣いた。
*義母 御年89歳
この連休後、函館の義母の様子見に行こうと、かみさんが自分の体と相談し
計画を立ていた矢先だったんです。
が、・・・そんな計画の前に・・・・・、
函館の義母が 施設(老人ホーム)に入って、1週間目でした。
痴呆もなく特段の病気があった訳でもないですが、・・・続きを読む

2つめの手術?

かみさんの(病気)概要  =新しいカテゴリを設定(「悲喜こもごも」)

今更ですが、かみさんの病気の始まりは、もう15年以上前になります。
かみさんは、退職する以前は、『退職したらいろんな処に行きたいネ』と
夢を語っていました。
ところが、退職(5年前の還暦年)した頃から徐々に病気がち*1になって、
次から次へといろんな病気に襲われるようになって、通院の頻度も多くなり
今日までに至ってます。
*1 ここ半年間に通院治療等確認されている病名(2005〜) 
・運動機能低下:難病 パーキンソン症候群(?・・らしいが、不明で通院中)
・線維筋痛症(難病に指定されていない難病:微風でも体が痛む症状)
・胆石症(定期検査通院中)
・背中の痛み(通院リハビリ中)
・脊柱管狭窄症(治療・通院中)
・緑内障・白内障(治療・通院中)
・内痔核炎症(手術済)
・口内にできもの?(歯科口腔外科通院 口内骨の隆起・腫瘍 悪性でなく今は問題ない)
・胃(ピロリ菌:除菌中)
・他 婦人病等(定期観察中)
続きを読む

小康状態

昨年暮れ、かみさんの今最大の病症が突然発症し、半年以上が経ちました。

病名は未だに不明ですが、私の目からは、
状態としては『運動機能低下症候群』・・・・?
今年2月から大学付属病院に通院していますが、担当医からは正式な病名を
言い渡されていません。(担当医も悩む症状?)

ただ、最悪な状態からは回復し、小康状態にある、と言いたいのですが
回復が進行形と言えないのが実情です。続きを読む

ちょっと回復

かみさんの(原因不明な歩行困難)状態が、札幌医科大病院に変えて(2月末〜)から
少し良くなったようで、部屋の中では 私の支えがなくても歩ける状態になりました。続きを読む
さて、・・・人生とは 奇なる たった一瞬の時間でしかない、と ふと、思う時があります。
メッセージをありがとう
リ ン ク
サイドバー2下の追尾スペース
ここに追尾させたいものを記載します。