「ゴルフのおはなし 」カテゴリ記事一覧


2018 LPGA開幕

年が開けて、もう1月も後半です。
昨日(1/25)から LPGAツアーも開幕しました。

wowowgolf20180126.png
加入しているWOWOWから引用

この写真の選手7名 お分かりになりますか?

*写真上左から (2018/1/29)
畑岡なさ、パク・ソンヒョン、レクシー・トンプソン(米)
 写真下左から
野村敏京、ブルックヘンダーソン(カナダ)、ユ・ソヨン、チョン・インジ
 

幸せな決断

昨夜遅く、ゴルフ 宮里藍選手の 
引退までに至る想いのテレビ番組があり、観ていました。

目指すところにブレない彼女ならではの引退、引き際は一寸の迷いもない、
本当に見事なもののようにみえました。
いつもテレビを観ているイメージそのもので、スッキリ、爽やかなものでしたね!

日本で勝っていた当初は、かなりのストレス・緊張があったようで、
それがファンへの雑な対応で、一度、お父さんに相当怒られた事もあったとか!?
外側から見ている以上に相当なプレッシャーもあったようです。
そして いつも優しく、穏やかに見える宮里選手ですが、
頑固だという意外な一面も見えました。

日本女子ゴルフ界での第一人者(樋口久子)がいて、
日本・米女子で勝利数が多い事で有名な選手(岡本綾子)もいる中で、
宮里藍選手はそれとまた違う 近年 日本女子ゴルフ界で実力もあって、
内外ともに一番愛された選手ではないでしょうか。

そんな彼女ですから 今後、
ゴルフ界初め、彼女に期待するものは大きいでしょうね!?

ナンテ、・・・この番組での 私の感想です。

2017ゴルフ総括

もう、今年のゴルフラウンドはない、と決めてから
1ケ月経ちましたが、改めて・・・・今季のゴルフを振り返ってみました。

一応、家庭の事情もあって、2年ぶりに元サークルゴルフ倶楽部開催のラウンドに
8回参加しました。
まぁ、たいしたスコアーじゃないけれど、以下 結果です。
1回目 チサン銭函(101)
2回目 カイト&フォックス(コンペ:99)
3回目 グレート札幌(95)
4回目 シャトレーゼマサリカップ(96)
5回目 グレート札幌(93)
6回目 グレート札幌(101)
7回目 グレート札幌(96)
8回目 チサン銭函(98)

嬉しかったことは
1回目のラウンド日、1ホール目 ティグランドに立った時に
2年間、全く練習もなく、ワクワクしながらもぶっつけ本番ラウンドだったので
かなりの緊張でクラブを持つ手が震えたこと、
それでも、ティショットで3Wで打ったボールが、若干左ラフに入りながらも
180y位飛んでホッとしたことも覚えてます。
スコアーも100前後で終えたことにも自分でビックリしました。

残念だったことは
ラウンドをこなし、6回目のグレート札幌でスコアーが100を超えたこと!
サークル仲間ができた頃から通っているゴルフ場で、何十回もプレーをしてますが
まさか、100を超えるとは思わなかったので、ショックでしたね。

この1年のゴルフは、今の私の精一杯の結果です。


ここ2年間、練習もしない、家でもクラブも握らない生活を
していた事を考えると、我ながら、・・出来過ぎです。 

40代前半、目の前に練習場があったので、
まる2年間 ほぼ毎日基本練習していた事が、結びついたと思っています。

そんなことを想った今年のゴルフでした。

新しい風

「日本女子オープン選手権」をほぼ4日間、TV観戦していました。
広いし、平坦なので楽なコースです。
ただ、違うのは グリーンだけ(正確にはピン位置)が、意外と難しかったようです。
そして、ここを攻略したのが、たった一人
優勝した 畑岡 奈紗 選手 でした。

40年ぶり連覇
20アンダー
メジャー最年少(18歳でメジャー2勝)
18歳で「日本、引っ張る」        

記録づくめと、意識の高さに驚きました。

ゴルフはラッキー、アンラッキーなスポーツなので、
1度はあるが、2度は早々ない!(私の一方的見かたです!?)

この畑岡選手に日本の女子プロの未来を期待したいですね。

Dear 宮里藍選手

米LPGAの今年最終戦のメジャー戦(エビアン・チャンピオンシップ)
開催されました。(9/14ー9/17)
*初日は強風と雨で中止となって、
3日間54ホールの競技となりました。

私はこの試合を、3日間テレビで観戦しました。

そして、このメジャー戦に現役引退を宣言した宮里藍選手が、
最後の試合として参加しました。
エビアン・チャンピオンシップ競技は宮里藍選手にとって、
特別な場所だったからでしょう。
*ご存じの方も多いと思いますが、
宮里選手が米ツアーに2006年に挑戦し、2009年ようやく勝てた場所で
色々な想いがあっただろうと推測します。
その後、順調に勝ち続け、あの2011年(東北大震災)に、またここで優勝した事は
ゴルフをしているものとして忘れられません。
続きを読む

LPGA カナダもよう

今、『カナディアン・パシフィック女子オープン』
開催期間:2017年 8月24日(木) ~ 8月27日(日)
開催コース:オタワ・ハント & ゴルフ・クラブ(カナダ) が開催されている。

まだ、2日目終了した時点でのリーダーボードですが、
韓国、イン・チョンジ選手がトップです。
私が韓国選手の中で、今一番のイチオシの選手です。

韓国大学生で、プロになるのか?それともどうするのか、と噂された選手で、
日本のメジャー戦2勝、アメリカのメジャー戦2勝と優勝し、
参戦する大会ではいつも上位に来て、なぜか大きい大会になると力を発揮する選手です。
まだ、2日目を終了しただけですから、今後分かりませんが、多分、・・上位、でしょう!?続きを読む

覚えているだろうか?

先週(昨夜)、全英女子オープンが開催(日本時間の夜中)されて、
ほぼ、毎日、夜中 TV観戦していました。(とはいっても、2時頃迄)

韓国のキム・インキョン選手が3日目迄ダントツの首位で走っていました。
昨夜も2時頃迄観ていましたが、予想がついたので体力不足で寝てしまいました。
やはり、ー18アンダーで、そのキム・インキョン選手がメジャー初優勝しました。
170807

が、・・
全米女子メジャー戦で語りぐさになっているキム・インキョン選手の
悲劇って、ご存知ですか?
当時、私はTVで生ライブを観ていましたから、ハッキリ覚えてます。
グリーン上で、なんでもない約30cmの最後のパットが入れば、
メジャー戦初優勝だった、はずが、・・・外れ、プレーオフとなって負けた選手です。
2012年のナビスコ選手権(現 ANAインスピレーション)の事でしたが、
あれから、彼女は勝てなくなって、名前さえ忘れかけられていました。

聞くところによると、
怖くて短いパットが打てなくなったとか?
パターで打てなくて、アイアンで打っていた、と聞いています。
それだけ、あの事は彼女にとってゴルフが怖くなった、ということでしょうか?
ようやく、昨年(2016年)から、また 上位(?)に名前が出てきました。

宮里藍選手くらいの細身の体格なんですが、ショットの正確性と
何と言ってもパッテングが非常に上手い。

3日目ラウンドのパットは、ここまで入るかと思うくらいで、
7,8mくらいはほぼ入っていました。
ただ、長いパットより、短いパットに時間を掛けているところなんか、
まだ、2012のあの事件を引きづっているのか、と思わせる。

あれから5年
ようやく、メジャー戦に勝てたことで、今後まだ勝っていくのだろうか、と
予想される優勝でした。

それから、今回の全英女子で注目されたのが、地元イギリスの選手で、
いい選手が2人ほどいました。
今後、全米女子の参加資格を獲って全米女子のツアーに参戦していくんでしょうね!?

私が注目している日本選手(鈴木 愛選手)がいい結果を残しました。
今回、日本での賞金ランクよりも、この全英女子を選択した心意気に
今後の期待を感じます。

明後日、行ってきます

ゴルフサークル『平日ゴルフ札幌倶楽部』ブログからの募集で、
都合で一時はキャンセルしましたが、その都合が好転し
明後日(8月3日)、急遽 参加できるようになりました。

場所は、ここ10年 一番通ったゴルフ場(あわちゃんのホームコース)です。

ここは、私にとっては ロングはもとより、距離が長いミドルも2ホールあって、
前回2R ティショットに利用した3W(スプーン)では
逆に力んでミスすることが考えられますので、
今期初めて、1Wをバッグに入れることにしました。

同伴者は ここ10年ガチンコで勝負してきたあわちゃんが予定されています。

馴染みのあるゴルフ場と、長年のゴル友でのラウンドですから、
楽しみです。

明後日のコンペ

明後日、7/26(水)は
以前所属していたサークル(平日ゴルフ札幌倶楽部)のコンペ開催日で、
3年ぶりに参加します。

3年前というと、ちょうどかみさんの体調に異変が出てきて、
今後どうなるか? とても不安な時期で、この年からゴルフコンペ参加も含め、
ゴルフの機会が少なくなった頃でした。

この後 私は自身の都合でこのサークルから退会しました。
ただ、サークルブログの作成者として、サークルの全国PRもあって
ブログの加工・編集・修正等の支援は、その後も引き続き行ってきました。

当時のメンバーは実質15名弱くらいでしたが、現在は、
その時の3,4倍くらいは登録されているようです。
なので今は、3人に2人は全く知らない方々とのゴルフとなります。

さて、先日のゴルフでは100オーバーしましたが、今回は100を切りたいものです。

ただ、今回のゴルフ場は、
お世辞にも、「普通のゴルフ場です。」 とは、とても言えないゴルフ場で、
ある意味、「いろんな練習をさせてくれるゴルフ場」で、
山奥に無理やり造成したような谷越えホールがいっぱいで、ゴルフ芝じゃないし、砂利も多いし、
コース自体が練習場となっている、楽にゴルフをさせてもらえないゴルフ場です。

一言で言えば、トリッキーにも程があるゴルフ場です。

でも、私はどちらかと言うと、
そんなおもしろみがあるトリッキーなゴルフ場が好きなんだよね〜〜!
久しぶりにワクワクします。

そうだ、ダイエット(お腹を凹ます筋トレ運動)は、引き続きやってますが、
なんだか、効果が全然見られない!
あの若い娘を使ったPR動画は、フェイクか!?
ダイエットに関しては、最近、テンション 落ちてます!

韓国ゴルフの台頭

今、全米女子ゴルフオープンが開催されている。
ご存知のように、世界最高峰の米LPGAのメジャー戦です。
3日目終了で、10位(13名)中、8名が韓国の選手です。

日本での今週のツアーも首位は韓国選手です。
10数年前から、ゴルフ界において女子は勿論、男子の台頭に
目を見張るものがあります。

こんな記事を見つけました。
『日本人は個性的、韓国は正統派! 日韓のゴルフスイングが全く異なる理由とは?』
韓国選手の強さの原因を、「メンタルが強い!」 とか言われますが、
そこは、一理はあるも、それだけでは無い、とは思っていましたが、
この記事を見て、納得しました。

プロもアマも一言で言えば、
そもそも、スイングの作り方(育成)が違う!? だと、言う。

私も以前から、「なんで、韓国選手は皆同じスイングなんだろうか?」と、
思っていましたが、
ゴルフを始めた頃の育成システムの違い、だったんですね!?

一度身に付いたゴルフのスイングはなかなか治せないと言います。 だからこそ、

韓国は「ジュニア常備軍から代表チームに至るまで将来有望な選手が
    幼い時から体系的に育成される。」


日本では
「ゲームマネジメントとメンタルトレーニングを指導するのみで、
スイングは各選手に任せる場合が多いという。
また、日本の指導者たちは独自のスイング理論を持っており、
コーチによって選手のスイングが大きく変わる」
 

と、日本の関係者は説明した。

子供の頃は親がコーチとなって教えている場合も多いが、
これも教える側の好き嫌いのでる独自スイングとなることが想定される。

概略的に言うと、以上のようです。

あの独特なスイングをする横峯さくら選手が端的な例と言えるでしょうね!?

この育成システムを解消するには時間がかかるでしょうね!?
さて、人生とは 奇なる たった一瞬の時間でしかない、と ふと、思う時があります。
by さんたろう
メッセージをありがとう
リ ン ク
サイドバー2下の追尾スペース
ここに追尾させたいものを記載します。