3年ぶりコンペ

2年前に所属していたゴルフサークル『平日ゴルフ札幌倶楽部』月例コンペに
参加しました。
場所:カイト&フォックスカントリークラブ
天気:晴れ
参加者:25名
私が2年間ゴルフ出来ない期間に登録者が増えて、今回参加者の約半分は初顔でした。
組数が多いため、半分づつに分けて別コースからスタートです。

前回記事でも書きましたが、
コースのメンテナンスがなかなか行き届いていないゴルフ場なので、
スタート前のルール確認があって、あっと驚く
このゴルフ場特別ルールが発表されました。
1、スルーザグリーン1クラブレングスプレース
 *6インチではありません

2、OBは打ち直さないこと!
  特設ティのあるホールは特設ティから打つ
  その他のホールはOBの境界を横切った場所から、2打付加してから打つ

 *ホールが狭いからOBが出やすく、その探すための時間短縮を図る

3、明らかにOBでない紛失球は、あると思われる場所から無罰で別の球でプレー続行
 *各ホールのFairway以外のラフは野草で深く、ボールがその中に入ったら
 探す出すのに時間がかかって、しかも見つけにくい
4、OB1回に付き100円の罰金!

以上、これで、なんとなくこのゴルフ場の状態が分かるだろうか?  (笑)

私と同伴者2名の3人でスタートしました。
今回も、ホールの狭い事も有り、1Wを外してティショットは3Wを利用しました。

スタートホールはパーを取ったものの、その後は下手なパッテングに引きずられ、
スコアーが安定しません。
グリーンが重くてほぼ全てショート目で、3パットが7回も^0^;
また、
バンカー内の砂が、・・・あるのか? ないのか?
砂と土が混じり合っているバンカーなので、ボールがバンカーに入ると、
脱出が、かなり難しい!
バンカーからホームランとなって、あわやOBとなる寸前のショットが2回もありました。
同伴者のけんちゃんが、今回 バンカーDayかな? ハマっていました!
まぁ、これも 皆さん同じ条件ですからね!?

3つの大谷超えがあると前回記事で書きましたが、
2つの谷はクリアしましたが、ロングホールの最大の谷越えでは、
ティショットに3Wを使わなければならないプレッシャーからか、
あえなく撃沈しました。(OB)
P1020616_s.jpg
↑No.2の打ち上げで谷超えホール:キャリーで170yが必要とされています。
今回(3W)は、ギリギリで平らな場所に落下しました。(茶色の急傾斜部分の上)

48+51=99 (OBx1 トリx4 3パットx7) 
それでも、なんとか100を切ることが出来ました。が、
正直、「もうちょっと、なんとかなるかなぁ〜!」と思っていましたので、
改めて、俺ってヘタだなぁ〜〜と 笑っちゃいました。

コメント

No title
お疲れ様です。
100切でよかったですね!
やはり、むずかしいゴルフ場のようです。
1クラブレングスプレース すごく甘いです。
それだけ、ボコボコしているのでしょう!
バンカーに砂が少ないのも、困ったものですね!
No title
今日はご苦労様でした。
このコ-スは練習になるんだと、いろんな人から聞くけど?
私には理解出来ないんだよねー(T_T)
ライの状態を把握して慎重なショットをするという事は分かるけど
通常のコ-ス(ゴルフ場)では有り得ない状態でのショットに
違和感を感じました。フォームが崩れたと思うのは
私の間違いなのでしょうか?
家に帰ってから自問自答してます。wwwww(T△T)
No title
おはようございます。
凄いコースですね。
OB打ち直し、ナシですか!
ティーショットに不安ある人は怖さに震えますね。

でも流石です。
90台でラウンドですよ!
長いブランクも何のそのです。

もったいないショットが多々あると思いますが、そこを修正すると
直ぐに以前のスコアーに戻りそうですね。

次回を楽しみにしています。
やまさんへ
> 1クラブレングスプレース すごく甘いです。

まぁ、一般的なコースメンテナンスが十分と言われるコースではないので、
やはりそれは、思い切ったルールで安い料金に反映されています。

まぁ、ゴルファー個人の見方が有るのですが、私からは好きなコースですが
それなりのコースです。


なんとか、100は切れました。
でも、悔いが残ったラウンドでした、ネ!
コロンさんへ
それぞれ個人によって、受け止め方が違うと思います。

コロンさんは「練習としてのコースでは、・・・理解できない!」
まぁ、
個人の好き嫌い、考え方の違いで、それも有りでしょうが、 
逆に私は練習をさせてもらっている、と思っているのでそんなに嫌いとも思ってないです。

ゴルフの「あるがまま!」という言葉に照らし合わせると、
「だから、このコースはダメ!」とは あながち言えないような・・・・

とはいっても、我々アマチュアはどんな良いコースでも、
100%無比に打てるわけではないので、このようなコースではなおさら
なるだけリスクを回避する事が必要ではないでしょうか?

そういう私も、昨日は小さいミスを何度も起こしました。
ゴルフの下手さ加減がこのようなコースで出てしまうんですね!  
上手い人はあまりスコアーに影響が出ない、でしょう???   笑
skyさんへ
skyさんを一度ここに連れてきたいですね!

ワクワクするか、イラッとするか?
多分、経験したことがないコースだと思いますよ!?

私も、OB打ち直しなしを初めて聞きました。
今回はOBが1回で、それも特設ティの有るホールでしたので、経験できませんでした。

同伴者の一人がOBをナント7回も出しました。(まぁ、初級者ですが、・)
また、紛失球も何回もあって、ボールがなくならないか心配しました。

私は ナンカ、小さなミスが多すぎて逆に悔しいですね!
でも、あそこでプレーできたことがっ新鮮でした。

難コースが何コースあっても、好きよねん
さんたろうさんはほぼ2年のブランクでゴルフ再開ですから、99は立派な成績です。

先日の3Wのナイス・ショットが随所で活きた成果だと思います。

2つの谷を3Wでクリアするなんて、たいしたものです、本当に。



いやー、紫外線とアップダウンが強烈な一日でした。

スコアのアップダウンじゃなくって、コースの移動区間のアップダウンをこれほどきつく感じたのは今回が初めてです。
というのも、乗用カートが上りに差し掛かると出力が落ちて、そのうち「バ~~~ン!」とバックファイアーを起こしてエンスト。
復帰にしばらくかかってまた動き出すことを何度も繰り返しました。
その内、上りに差し掛かると、いつまた「バ~~~~ん!」が来るかと、びくびく、心臓が微細動を始める始末。

「バ~~~ン!」の度に身の縮まる思いをしていました。
帰ってから身長を測ると、50mmほど縮まっていましたので、思案の末たっぷりの湯を張り、風呂に入りました。
そうすると縮んでいた筋肉が弛緩し、気長に湯船に身を横たえると、状態(上体)が元に戻りました。
下体は下腿のあたりが固いままで、元に戻すには揉みほぐすほかはなさそうですが、下手に揉むと元より大きくなりそうですので、手つかずのままにしてあります。

【West Course】
わたしたちの組は、ウェスト・コースからのスタートでした。
まるでアメリカ史の開拓時代を行くようで、ワイルド・ウェストを切り拓くわくわく感に満ちたプレーでした。
第1打のドライバーショットは慎重度よく振ったら「芯丁度」で「まずまず」の当たりはフェアウェーをキープ。
次の3Wも芯丁度は「まずまず」の当たりでグリーンまで20ヤードほどに運ぶ。
サンドウェッジでのアプローチも「まずまず」でカップの横上2.5ヤード。
パー・パットは「まずまず」に打ったのですが、予想よりグリーンが重くてカップの前で右へ垂れ、タップ・インしてボギー発進。

最初の谷越えは何とかクリアして、4オン1パットのパートするも、次の谷越えで力んだドライバーショットは、それまでの「慎重度」と「芯丁度」を失い、「芯大外し」でOB(>_<)。

前半は、4つのパー、2つのボギー、3つのダブルボギーで44でした。

【North Course】
後半はミスショットが多かったのですが、結果的にはパーが2つしかなかったものの、他の7ホールはすべてボギーだったので、スコアは43でした。
トータルは44+43=87。
今のショットとパットの実力からすれば、よく出来た方だと思います。



ダッファーさんへ
いつもながら、安定したスコアーメイクで感服します。
 
今回のコースでも、
あの荒れたコースで87とは、長年の揺るぎないコースマネージメントの賜物でしょう!
ホントに流石というしかありません!

次回も、熟練の技を見せて下さい。
99
こんばんは~

さんたろうさんはダイエットの話を書いてたから
てっきり太ってたのかと勘違いしてました(*>∀<)ノ) )

ゴルフも落ち着いててブランクがあっても
100切は当然の結果な気がします。
No title
(✿✪‿✪。)ノコンチャ♡ 

もの凄いエグイコースの様子でんなぁ(笑)

 北海道の広い大地にこんなに狭いGOLF場とは ビックラポンです

そやけど 100は切ってるから凄い 普通のコースなら90点でしょ
あくびぃーさんへ
やはり、・・・・

多分、そんな

勘違いも、している、か・な!?  とも、思っていました。

2ケ月以上ガンバってきましたが、効果が全然見えないので、今後どうするか、検討中です。

正直、95前後で回りたかったですが、今の実力です。


呑吉さんへ
まぁ、フォルファーによっては、ここはゴルフ場じゃないと、嫌う方もいますが
そんなタフなコースでやると、苦手コースはなくなります。

イヤ、イヤ、 ・・・・それこれあってのスコアーですから、言い訳はしません!
言い訳は、「たられば!」となりますからね。

コメントの投稿

非公開コメント

さて、人生とは 奇なる たった一瞬の時間でしかない、と ふと、思う時があります。
by さんたろう
メッセージをありがとう
リ ン ク
サイドバー2下の追尾スペース
ここに追尾させたいものを記載します。